パソコン ドライアイ対策

パソコンやスマフォによるドライアイの対策と予防

パソコン ドライアイ対策

 

パソコンやスマフォを長時間見る人に増えてきているのが眼精疲労やドライアイです。

 

まばたきの回数が減り画面を凝視する時間が長くなると目が疲れ視力が低下したりまばたきが減ることによってドライアイを引き起こします。

 

今回はドライアイの予防や対策を考えていきましょう。

 


 

現代ではドライアイで悩む人が増えています

パソコン ドライアイ対策

 

目が疲れやすい、時々目が充血している
何となく目がごろごろする…。

 

そんな症状はありませんか?

 

 

目が乾きやすいだけじゃないの?と甘く考えてはいけません。

 

涙は眼球の表面を潤して角膜や結膜を保護し細菌の侵入を防ぐなど目にとってとても大切な働きをしています。

 

その涙の量が減って目が乾くと目が疲れたり不快な症状が出るだけではなく視力低下や病気を招きやすくなります。

 

ドライアイはパソコンやスマフォを使うのが当たり前になった昨今急速に増えてきました。
液晶画面を見つめていると目や脳は緊張状態となり自然にまばたきの回数が少なくなってきます。

 

すると涙の蒸発が進み涙の補給ができなくなるとともに涙の分泌量そのものが減っていきます。また意外に思われるかもしれませんがドライアイは1つの老化現象ともいえます。

 

 

老化が進んでリズム感が衰えてきた人は上手に瞬きができません。

 

涙の分泌量もコントロールできなくなります。これもドライアイの形になります。

 

ドライアイのセルフチェック

パソコン ドライアイ対策

 

では簡単なドライアイのチェックを行いましょう。

 

目が正常な場合は涙は目頭から流れます。

 

目尻から流れた場合は要注意!
ドライアイの可能性があります。

 

 

涙は涙腺から出ます。
涙腺は目尻側の下のまぶたにあります。

 

 

自分の目を鏡で確認してみてください。
小さな穴があることがわかると思います。

 

健康な涙の場合は目尻に近い涙腺から涙が出て角膜全体に行き渡ります。
そして目頭の近くにある排出口から涙が出ます。

 

 

しかし目が乾燥状態にあり涙腺から湧き出した涙のルートが確立していない場合には涙が十分に行き渡らないまま目尻から涙がこぼれてしまうのです。

 

 

もし涙が目尻から流れ出たらドライアイの可能性が非常に高いです。

 

目薬に頼り過ぎは禁物

パソコン ドライアイ対策

 

ドライアイになると目薬で対処する方も多いと思いますがあまり目薬に頼りすぎると一時的に目は潤いますが使い過ぎには要注意!

 

 

もともと目からうまく分泌されない水分を外から毎回補給していると自らの力で水分を補給する力はどんどん衰えてしまいドライアイは進行するばかりです。

 

 

そこで目を長時間使っていたり眼精疲労の自覚がある場合は目薬をさすのではなく自分の目の力で涙を出すことを習慣にしましょう。

 

ゆっくりとまぶたを閉じて涙がじんわりと出て染みるようであれば目が疲れていますので少し目を休ませてあげてください。

 

 

涙は栄養剤でもありますからしっかりまぶたを閉じて涙を角膜全体に行き渡らせます。じんわりきた後で意識的に数回瞬きをしてください。

 

それだけでも随分と目の疲れは軽減されるはずです。

 

ドライアイの予防、改善法

パソコン ドライアイ対策

 

ドライアイの予防や改善をするために水分だしと油分だし、そして瞬きの強化を行います。

 

一点凝視法

目を大きく開いて1点をじっと見つめます。
この時瞬きをしないようにしてください。すると目がジーンとしみてきます。

 

瞬きがギリギリまで我慢できなくなったら5回から10回大きくまばたきをします。
これを5回ほど繰り返してください。

 

そうすることによって涙腺を刺激し涙腺の詰まりを取り機能を高めます。

 

あくび法

一点凝視法の次に顔をやや上に向けて口を大きく開いて息を少しずつ出しながら、あくびの真似事をしてください。

 

すると自然にアクビができ目から涙が出てくると思います。
そうすることによって一点凝視法でつまりが取れた涙腺に水が流れ込みます。
涙の経路を作り水を通します。

 

これを繰り返すことで涙のルートができリズム感が復活して角膜が常に上質の涙で覆われるようになります。

 

 

今回紹介した方法はドライアイの対策と予防の一例です。
眼精疲労やドライアイが進行すると視力そのものが低下してしまいます。

 

普段の生活から出来る範囲で対策をしていきましょう。

トップへ戻る