視力回復 爪もみ

視力回復に効果的な自律神経を整える爪もみ

視力回復 サプリ

 

日本人の多くが抱える近視は実は交感神経の緊張状態に発症や進行する病気と言われています。

 

近視は屈折異常の1つです。本来は網膜上に焦点を結ぶ光が網膜の手前で焦点が結ばれるため遠くのものがぼやけて見えにくくなってしまうのです。

 

その際解剖学的に問題とされるのは角膜表面から網膜までの距離です。

 

しかし近視の度数=屈折度が同じでも視力が同じとは限りません。

 

屈折度に合わせた同じ眼鏡をかけて1.0が見える人がいれば0.5しか見えない人思います。

 

そこで関わってくるのが自律神経です

 

自律神経は体の機能を無意識のうちに調整している神経で交感神経と副交感神経がバランスをとって働きあっています。

 

自律神経のバランス状態は眼球に入る光の量を調整している同行の大きさを見るとわかります。

 

瞳は交感神経が優位になると周囲の虹彩が縮んで小さくなる仕組みになっているからです。

 

実際に禁止の人の目を観察すると総じて瞳が大きく交感神経優位の体調にあるようです。

 

また自律神経の働きを虹彩の反応で測定する機械で調べても近視が進行するときは交感神経が過度に緊張し副交感神経の働きが抑制されていることが確認されています。

 

このように瞳が開いた状態では焦点深度が浅くなりピント合わせに余計な力がかかります。すると調節力を司る毛様体筋も徐々に疲弊緊張して行視力の低下を招いてしまうのです。

 

交感神経を過度に緊張させる原因はストレスです。

 

そもそも自律神経は日中は交感神経が優位になり夜から明け方にかけては副交感神経が優位に働くようにプログラムされています。

 

夜更かしや寝不足などが自律神経のバランスを乱す最大のストレスです。

 

こうした生活習慣に精神的ストレスが変わると交感神経はより緊張度を増し近視も進みやすくなります。つまり交感神経の緊張が続くと眼球も強く圧迫され続けます。

 

こうした眼球の圧迫が角膜の突出、眼軸の延長等を引き起こし屈折異常を促進されるのではないでしょうか。

 

自律神経のバランスを整える爪もみ

 

近視は緑内障発症の1つにも挙げられています。

 

緑内障も眼圧によって網膜の神経が圧迫障害される病気です。

 

眼圧の上昇が近視の発症や進行に影響しているのなら緑内障になりやすいのも当然でしょう。

 

正常顔月緑内障の患者には冷え性の合併症が多く自律神経のバランスが悪くなっていると考えられています。

 

そこでお勧めしたいのが爪もみです。

 

 

爪もみは福田医院の福田稔医師が考案した視力回復の方法です

 

 

爪の生え際は神経が密集する部位なので爪もみをすると刺激が瞬時に自律神経に伝わり交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。

 

実反応の早い人が爪もみを終えた瞬間に目の前が明るくなりものが見やすくなっているのがわかるでしょう。

 

1日に3回を目安に根気よく続けてください。

 

爪もみの具体的なやり方

視力回復 サプリ

 

両手の爪の生え際を反対側の手の親指と人差し指で両側からつまみ押しもみする。

 

1回20秒を目安に揉んでみましょう。

 

爪もみで視力回復を果たした事例

 

70代の女性Hさんは5年前に眼科医に緑内障と診断されましたが健康雑誌でした爪もみを開始。

 

小指は40秒その他の指輪20秒ずつ飲みました。

 

すると2ヶ月後には目がチラチラしたり涙が出たりすることがなくなりました

 

 

60代の女性Sさんはお年賀ほど前から視力が低下し眼科を受診受信すると視力は0.7左目は0.2でした。

 

また老眼にもなっていたので老眼鏡を作りました。

 

ところが爪もみを開始し徐々にものがよく見えるようになり半年後には老眼鏡なしでも小さな文字が読めるようになったそうです。

 

こつこつと毎日爪もみを続けた結果3年目には視力が1.2まで回復しました。

トップへ戻る