ソレダメ スマホ老眼

ソレダメで紹介されたスマホ老眼、眼精疲労解消に大切な成分とは?

ソレダメ スマホ老眼

 

テレビ東京系の情報番組「ソレダメ」を毎回見ていますが
5月30日の放送ではスマホ老眼や眼精疲労を解消する成分が
特集されていましたがどんな成分を積極的に摂ると良いのでしょうか?

 

スマホ老眼とは

視力の低下というと老眼などに代表されるように加齢性のものが多かったですが
最近ではパソコンやスマホの普及によって若い年代でも目を酷使することによって
目のかすみや目がぼやけるなどの視力の不調を実感している方が増えてきています

 

その代表的なものがスマホ老眼です

 

ソレダメ スマホ老眼

 

水晶体自体が硬くなりピントが合わせずらくなる老眼は自然な現象ですが
長時間パソコンやスマホを見過ぎることによって一時的に毛様体筋が凝り固まり
ピントが合わなくなることをスマホ老眼と呼んでいます

 

スマホなどを長時間見る事によって目の筋肉が凝り固まり一瞬遠くが見ずらく感じることがありますがこのような一定の距離を見続けることによって次第にピント調節機能が失われ近くのものも見ずらくなる

 

そういった症状になります

 

加齢性のものでは無いのでソレダメ出演者ののオードリーをはじめ
まだまだ老眼とは縁遠い世代でも広がりを見せている視力の低下です

 

眼精疲労とは

ソレダメ スマホ老眼

 

目を酷使すると、肩と同じで目の周りの
筋肉が固まることで血の流れが滞ってしまいます。

 

目の疲労は一時的なものであれば、そこまで深刻になる事はありません。
しかし、眼精疲労は日頃の目の使いすぎがドライアイや充血、
目の痛みを長期的に引き起こしているので、中々治りにくい症状でもあります。

 

 

一番早い方法は目の周りを温めて血行を促進させてあげる事です。

 

目に良いと言われている食品は沢山あり、成分でいうとまずビタミンB群です。
目は入ってきた情報を脳に伝えるのですが、その手助けとしてビタミンB群が活躍します。

 

 

食品では、豆腐や海苔、サンマや納豆に含まれています。
この食品から思い浮かぶメニューと言えば朝定食ですね。
どれも朝の食事にぴったりのバランスの良い食品ばかりです

 

視力の回復にはルテインの補給が大切

スマホ老眼の原因である水晶体が正常にピント調節を果たしてもそれだけでは視力の回復にはなりません。

 

目から入った光は水晶体などで屈折し網膜に達した後に脳で認識され初めてモノが見える仕組みです。

 

カメラに例えると水晶体はレンズ、網膜はフィルムの働きをします

 

ソレダメ スマホ老眼

 

紫外線やブルーライトなどの波長が短く強い光は目に入ると活性酸素を発生させ

 

目のかすみやぼやけ、ピントが合わなくなるなどの疲れ目や眼病の原因になります

 

ルテインとゼアキサンチンは元々、黄斑部に存在し強い抗酸化作用があり紫外線やブルーライトを吸収し有害な光によって発生する活性酸素を除去する目には大切な成分で天然のサングラスとも呼ばれています

 

しかしルテインは体内では生成できない栄養素であるために常に食事などから補給する必要があるんですね

 

ルテインの1日の適切な摂取量

通常の場合:1日当たり6〜10mg
眼病や目の不調の自覚がある場合:1日当たり10〜20mg

 

ルテインは元々黄斑部に存在するものですが加齢と共に
徐々に減少しますので食品などから補給する必要があります。

 

 

ルテインは主に緑黄色野菜に含まれている成分ですがケールや
ほうれん草に豊富に含まれていることが知られています。
通常であれば6mgのルテインを摂取するためにほうれん草では
約1/2束必要で目の不調を自覚している場合は毎日1束が必要です。

 

 

食事からルテインを摂取することが理想ですが毎日食べ続けることは
難しい場合はサプリメントから補うのが良いでしょう

 

スマホ老眼や眼精疲労など目を酷使する現代では視力の低下を実感している方が多く現代病といってもいいでしょう。

 

そのために最近ではテレビやCMでも視力の回復を目的としたサプリなどがたくさん紹介されています

 

眼科に行ほどの不調は感じていなくても何となくピントが合いずらくなってきた、夕方になるとまぶしく感じる。
そんな方はサプリの成分でも十分に視力の回復が望めますので試してみても良いでしょう

 

こちらのページも参考になると思います
視力回復サプリランキング

トップへ戻る